Photo diary

夜の倉敷美観地区を散策 旅館くらしき~かまぼこ黒田

引き続き夜の美観地区の紹介です。

こちらは倉敷館の川を挟んで対岸にある江戸時代の建物や蔵など改築した和風の老舗旅館旅館くらしき」国旗のある写真は昨年撮ったものです、やわらかいランプが白壁を温かく染めています。旅館くらしき夕闇に包まれていく白壁の建物と倉敷珈琲館からの格子から漏れてくる光の影ランプの輝き打ち水の反射どこに焦点を当て撮ろうか迷って結局全部入れて撮っています(笑)かまぼこ黒田までの間には路地があり奥の方のお店は少し遅くまで開いているので人通りが途切れません、スローシャッターで人をぼかしてみました、影をうまく使えれば夜の街を楽しむ人の表現が出来そう。かまぼこ黒田から南側の県道まで白壁の街並みが続いています川辺には大木もあり、単焦点のレンズに変え絞り込んでランプの明かりから光芒を作ってみました。かまぼこ黒田さんは蒲鉾カステラが有名だそうです、もう少し早く行って食べてみればよかった!次回は必ず!

次は大原美術館の辺りをアップします。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2017年11月
« 10月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP